生活の必需品となった。AiRの枕とクッションが最高すぎる。

「点で支える」AiRのピローとクッションLをレビュー。

サポートして頂いている西川産業株式会社様が打ち出しているコンディショニングマットレスブランド「AiR」。

以前、マットレスを提供して頂きブログにも書きました。

サポートして頂いた「AiR」コンディションニングマットレスはスゴいです。

2016.06.29

今回新たに枕とクッションを提供して頂きましたのでご紹介します!

これ本当最高すぎるから手に入れた方が良いと思う。

マットレスも衝撃でしたが、僕は今回の二つでまた生活レベルが上がりました笑

まずは枕である[エアー4D]ピローについて。

僕は普段通常の枕を使用していたんだけど、マットレスがAiRだし十分だろと思ってた。

だからたまに眠れない時があってもそれは体調か何かのタイミングでたまたま寝付けなかったんだろうと思っていました。

それがこの枕に変えた途端に速攻で寝れるようになりました。

しかも熟睡。そして寝起き良し。

マジでびっくりしました。

こんなに枕で変わるとは思わなかったです。

サポートしてもらってるからって大げさに書いてるわけじゃないよ!ほんとなんです!

僕が使用しているのは[エアー4D]ピローのLowタイプ。

Highに比べて2cm低く作られている商品。

どちらもお店で試してみましたが体感的にはもっと高低差があるようなイメージでした。

僕にはHighは高すぎるなと思い、Lowを試したらまさにジャストフィットだったのでこちらを選びました。

そしたらもう本当に快眠。

サイトにも謳い文句として記されている「包み込むように優しく受け止め、しっかりと安定サポート。」

まさにこれでした。ちょうど頭の部分が少し窪んでいて両サイドは少し高くなっているので頭を置いた時に安定感があり、両サイドに包み込まれるような感覚があります。

とにかく気持ち良いんです。

そして毎回5分もしないうちに寝てしまいます。

明らかに枕を変えた日から寝つきが変わりました。

もうお伝えするのはそれだけでも良いくらい笑

試してみてほしいです。

商品は3Dもあるそうなんですが、断然4Dをお勧めします。

多分あの4D独特の包み込まれるような感覚がいいんだと思うんですよね。

Pillow img04

こちらが3D。

Pillow4d img03

そしてこれが4D。

4Dの方はジェルが内蔵されていたり、4分割のウレタンシート、そしてトップのシートの作りがずいぶん違います。

これが寝心地を大きく変えているんだと思います。

幾つか写真を掲載していきますね。

IMG 5277

まずはバッグ。

持ち運びもできちゃいそうなしっかりしたバッグが付いてきます。

ホテルとかにも持っていきたいんだけどなー。

モバイルマットレスと一緒に持っていく人とかいるんだろうか。

IMG 5278

そして本体!

Lowタイプのカバーはグレーベージュの落ち着いた色味です。

Highはサッカー日本代表のチームカラーの目が覚めるような(覚めちゃダメなんだけど)青が特徴的です。

IMG 5279

サイドはメッシュで切り替わっていて、熱を放出しやすくなります。

IMG 5280

裏面はジップでカバーを外し、洗える仕様になっています。

ただ僕は後日、この上にかぶせる枕カバーを購入しました。

できるだけ長く保たせたいですからね。

裏面にこうしてシンプルにロゴが入っているのが格好良いです。

IMG 5281

この「点」を表現しているロゴが好きです。

IMG 5282

カバーを外すとこんなクッションシートが入っていて高さを調整できるんです!

僕は前部分のクッションを取り外して高さをさらに少し低くしています。

僕にとってはその方が、さらに包み込まれるような感覚を得られたので。

シートを一枚抜いただけでさらに快適さが増しました。

この枕もう手放せません。

実はこのピローシリーズ、オーダーメイドもできるそうで、それがとても気になっています。

もう十分すぎるくらいの快眠だから、これ以上快適になったら目を覚ますことがなくなってしまうんじゃないかと思うのでちょっと躊躇しています。

いつかその興味が強くなったらオーダーメイドも検討してみたいと思います。

椅子に敷くクッションも良い!

こちらは以前にすでに使っていたのですが、使っていたのはお尻だけのタイプ。

クッションSというものですね。

これはこれで快適に座っていましたし、何よりも遠征の時に機内に持ち運んで使用しやすかったので未だに重宝しています。

現在は車のシートに使用したり、今年の世界大会にも持っていきました。

ただ日頃の事務作業時には持ち運びは必要ないから背もたれタイプのものを試してみたいと強く思い、ご提供頂けることになりました!

お尻だけのタイプよりもさらに快適な作業環境になりました!

ありがとうございます。

IMG 5266

こちらもクッションSと同じようにトートバッグが付きます。

かなりしっかりした作りなので普通にバッグとしても使える感じ。

もちろんこのタイプも持ち運びも想定されていますね。

IMG 5267

こちらが本体!

お尻部分だけではなく、背中や腰もカバーされるので緩やかなひょうたん型の形をしています。

今回から色がシックなものになったんですね。

僕はこちらの色の方が好みです。

これ生地が切り替わっているんですが、座面と背面で2つの硬さを使い分けできるようになってるんです!

マットレスでも使用されている「点で支える」体圧分散が可能です。

背面部分にソムニフォームという座面よりも弾性の強いものを採用しているそうです。

確かに背面の方が沈まない印象ですね。

IMG 5269

こちらが裏面。

こちらもピロー同様、裏面の目立たない場所にシンプルなロゴがあります。

一つこちらの裏面は問題があって、僕のイスの座面がコットンなんですけど、以前のモデルのクッションSには滑り止めが付いていましたが、今回は無くなっているようです。

それにより、座っているうちに滑って段々と前にクッションが出てきてしまうという問題がでました。

そこで、座面下に滑り止めシートを敷いて対処し、今ではズレることもなく使用できているのでぜひまた滑り止めを搭載してもらえると良さそうです。

IMG 5271

こちらもちゃんと熱を放出するためにメッシュ素材に切り替わっています。

IMG 5272

カバーはジップで止まっているので、取り外して洗うことも可能です。

IMG 5273

こちらがAiR独特の点!

これをクッションにも活用して頂けるとは最高です。

IMG 5276

敷いた感じはこうなります。

どんな椅子やソファーでもぴったりとハマるんじゃないでしょうか。

今までは座面部分のみのクッションを敷いていてかなりお尻は守られていました。

事務作業していると坐骨がやっぱり痛くなったりしていたので、それだけでもかなり助けられました。

しかし、作業時間が長いと今度は背中や腰が痛くなってきてしまっていました。

それが今回のクッションLを使うようになって全く痛みがなくなったので、こうやって体圧を分散させることは大事なんだなと改めて痛感しました。

今後もAiRを愛用していきたいと思います。

本当にどの商品もいい物が揃っています!

今はクッションLに座って記事を書いていますが、この後はあの[エアー4D]ピローに飛び込めると思うと嬉しくなります。







宜しければシェアして皆さんに拡げてください!よろしくお願いします。

フットバッグを手に入れたい方はこちらからどうぞ!

プロフットバッグプレイヤー 石田太志が長年の経験で培った「使いやすいフットバッグ」と「初心者の方も気軽に始められる」をコンセプトに生産している「フットバッグTAISHI ISHIDAモデル」等を展開しています。

また国内の他では手に入らない海外モデルも厳選して展開しています。

ぜひフットバッグ専門ショップFOOTBAG MANIAにもお立ち寄りください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です