脅威のインソール!SUPERfeetの撮影をしてもらいました。

インソールの撮影でした。

 

今日はSUPERfeetの撮影をしてもらいました。

 

脅威のインソールと呼ばれているこのSUPERfeet、皆さん知ってますか?

インソールってスポーツやっている人でも適当な物を敷いていたりするかもしれないんですが、インソールめっちゃ大事。

 

このSUPERfeet、サッカーショップKAMOさんでも取り扱っていて気になっていました。

 

SUPERfeetとは

 

スーパーフィートインソールの形状とその機能的デザインは足病医学に基づく理論背景をベースに、アメリカ国内外で40件にものぼる特許を取得しています。

足を適正にサポートするための三次元の立体構造は、足を包み込む深くて丈夫な構造のヒールカップ(特許取得)、超高密度のフォーム素材を使ったトップシートなどで構成されています。

また、この構造は、足元を安定させ、歩行や運動時に「足」本来の機能が発揮できるようにサポートし、シューズの履き心地を改善します。

 

サイトから引用しました。

 

パワーテストというのを行ったんですが、足に敷いた時との違いがスゴかった。

 

敷いていない時は体がグラついたり、力が入らなかったりするのですが、このインソールを敷くだけでそれらが一気に解消されます。

 

フィギュアスケートの羽生結弦選手もスケートシューズなどに使用しているそうです。

 

結果が物語っています。

今回はそんなSUPERfeetのモデルとして採用してもらいました。

 

今回は完全カスタムインソールを作って下さるとの事でとてもテンションが上がりました!

店舗で撮影しました。

 

今回は「Walking field alk」さんで撮影しました。

 

まずはお店の方(社長さんです!)に丁寧に説明を受けている様子を撮影。

 

この説明が非常に丁寧で分かりやすく、早く着用してフットバッグをやってみたいと思いました。

意外に自分が思っていたサイズよりも小さかったりすることが多いようです。

 

そしてこのカメラマンの方、なんと双子だそうで、カメラマンとディレクションを担当して頂きました。

今までで一番高いイス。(物理的に)

 

そしてこの王様が座るような高さのイス。

 

これがSUPERfeetのカスタム専用のイスだそうで、足を地面から離した状態が一番ニュートラルなポジションを維持できてその形に沿ってインソールを作るのでこういったイスになっているそうです。

そしてイスの下にあるこの機械!

 

SUPERfeetのロゴの下に穴が開いていて網がありますよね。

 

まるでバーベキューのような、魚を焼くときのような網が。

 

ここにインソールを置いて熱で圧着するための機械だそうです。

すごい密閉感!

 

そして圧着後に自分の足のサイズに合わせるためインソールを足に合わせてテープで固めて足を袋に入れてなんと真空パックに!

こんなことありますか!?

 

僕は初めての体験でテンションが上がりました!

 

インソール一つ使用する為にこうしてカスタムして自分だけのインソールができるって嬉しいし、とても贅沢です。

 

完成形のインソールは撮り忘れました笑

 

今手元にはありますが。

 

このブログのトップの画像と同じ物です。

 

そして早速フットバッグをするシューズに入れて練習してみました。

 

ヒールがしっかりと固定されていてとても動きやすい印象でした。

 

足本来の力を出せている感じ。

 

今日の1回目の練習で一番印象的だったのは足が疲れない!

 

たぶん今までは十分に足裏を使えていなくて他の足筋肉などでサポートしていた為にふくらはぎなどの筋肉が疲れやすかったんだと思うんですけど、それを感じなかった事がスゴかった。

 

まだまだ自分の体で体感していこうと思いますが、これから楽しみです!

 

価格はカスタムインソールだと10500円、既製品だと5000円前後なんですが、どうせならカスタムしてもらった方が良いと思います!

 

いい値段はしますが、お値段以上の満足感です!







宜しければシェアして皆さんに拡げてください!よろしくお願いします。

フットバッグを手に入れたい方はこちらからどうぞ!

プロフットバッグプレイヤー 石田太志が長年の経験で培った「使いやすいフットバッグ」と「初心者の方も気軽に始められる」をコンセプトに生産している「フットバッグTAISHI ISHIDAモデル」等を展開しています。

また国内の他では手に入らない海外モデルも厳選して展開しています。

ぜひフットバッグ専門ショップFOOTBAG MANIAにもお立ち寄りください!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です