世界一同士で。フリースタイルフットボールチーム「ALEG-Re」と練習してきました。

世界一同士で練習。

2015年に世界一になったフリースタイルフットボールチームALEG-Reと練習してきました。

最近よく一緒に練習しています。

彼らはいつも練習熱心で個人の練習だけでなく出演するイベントの前になると一生懸命パフォーマンスのチーム練習を何度も繰り返して行っていたりします。

こういったのはとても見習わなければならないなと思っています。

下手な時から高いレベルの動きを見る大切さ。

僕自身も3時間ほど一緒に練習するのですがフリースタイルフットボールとフットバッグを半分ずつ練習しています。

僕はまだフリースタイルフットボールが下手です。

ようやくたまに基本の技ができる程度。

フリースタイルフットボールは先日のArtiSTAREのジャム同様、うまい人の技を見たり一緒に練習する事で1人でやるよりも上達のスピードは段違いに変わってくると思います。

まだ自分は上手くないから上手い人の前で蹴りたくないだとかみんなと練習したくない、恥ずかしいといったことをよく聞きますが、実際はうまい人達と積極的に交流して自分の動きを見てもらったり相手の洗練された技やその動きを見ることが近道の第一歩だと思います。

一緒に蹴ってると自分が上手くなった気になりますし。

リズムとかが合ってくる感じ。

これって結構大事。

フットバッグの時は日本では当時あまり上手い人がいなくてビデオでしか海外のプレイヤーを見る事ができませんでした。

うまい人達のプレーを見て学びたい!と思い、カナダまで足を運びました。

そうした事で飛躍的に技術が伸びたと思います。

フットバッグも練習してくれています。

ALEG-Re達もフットバッグを練習してくれたりしていて(特にYOSSHIが)、実際かなり上手くなっています。

最近はパラドックスミラージュとワールを決めたり他の技にも積極的に挑戦しています。

僕自身もフリースタイルフットボールとフットバッグを両方とも練習することで意外にもフットバッグにとって良い部分が出てきています。

フットバッグよりも大きくて重いフットボールを練習することでフットバッグに切り替えて練習した時に明らかに力の抜き方が良くなったりフットバッグを扱いやすくなったりしています。

結構これがフットバッグの為のトレーニングになっていたりもするので今後も積極的に取り入れていきたいと思います。

こうやって各分野の世界一同士が練習するのもいい経験ですし、とても楽しいです。

こうやって意識の高い人達と蹴るのは最高です。







宜しければシェアして皆さんに拡げてください!よろしくお願いします。

フットバッグを手に入れたい方はこちらからどうぞ!

プロフットバッグプレイヤー 石田太志が長年の経験で培った「使いやすいフットバッグ」と「初心者の方も気軽に始められる」をコンセプトに生産している「フットバッグTAISHI ISHIDAモデル」等を展開しています。

また国内の他では手に入らない海外モデルも厳選して展開しています。

ぜひフットバッグ専門ショップFOOTBAG MANIAにもお立ち寄りください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です