フットバッグのその他の特徴

フットバッグは本当に多くの種類が存在していますが、ここでは面数、大きさ、重量、容量などついてご説明します。

バッグの面数について

バッグの面数は非常に様々で2面〜122面程(それ以上もあるかもしれません)まであります。

基本的に主流なものとしては・4面8面12面14面32面辺りだと思います。

一番世界のプレイヤー達が使用しているバッグは32面ですね。

これらにどのような違いがあるのか。

なぜトッププレイヤーは32面を選んでいるのか。

まず面数が少ないほど球形をではなくなってきます。

これにより足に接する1面の面積が大きくなる為、変形力が強くなり、ストールがしやすいです。

ただフットバッグではストールのしやすさだけを重視してはいけません。

レベルが上がるにつれて今度は「いかにフットバッグを足からスムーズに離せるか」という「足離れ」が重要になります。

その為、その双方の特徴をうまく活かせるのが32面となっていてその面数を使用するプレイヤーが多いです。

近年では中身がしっかりした物で初心者の方でも32面の物を使用してなんら問題はありません。

サッカーボールのミニチュアのようなデザインというのも人気の一つです。

バッグの大きさについて

img_1840

バッグの大きさに関しても非常に様々で選ぶ上で非常に重要な項目の一つです。

元々大会の規定サイズは直径2.54cm6.35cmです。

大きいサイズはストールする上でターゲットが大きいのでストールはしやすいですが大きすぎると少し足からずれた時にバッグの中身の比重が足の甲やインサイドの外に傾いてしまう為落としやすくもなります。

またDexする際に足や体全体に引っかかってしまい失敗に繋がる事も多いです。

小さいサイズはターゲットが自ずと小さくなってしまうのでピンポイントに足に乗せなければ失敗してしまいます。

Dex自体はし易いです。

この両方の特徴を踏まえて約4〜5cm程のバッグを使用する事をオススメします。

また、人前でパフォーマンスを行う際は視認性を高める為にあえて特大なバッグを使用する事もあります。

自分に合ったバッグをプレーして探していきましょう。

バッグの重さについて

gatag-00003656

バッグの重さについてですが、大会の規定重量が20g70gです。

そして近年の重さの主流は60g前後です。

これは程よく重さを感じながらしっかり変形してくれる為ストールがしやすい反面フットバッグを上げる時にも重くは感じない為です。

それまでは大体40g前後でした。

軽いほど落下速度は遅くなるので技は決めやすくなるかもしれません。

また浮遊している時間が長い事もフットバッグの魅力の一つに感じます。

当時はフットバッグが比較的大きく、軽い物が好まれていたのに対して近年では小さく、重い物が好まれている傾向にあります。

この辺りもぜひプレーして試してみてください。

バッグの容量について

m_20000

バッグの種類についてのセクションでも述べましたが、容量はバッグ一杯に詰まってしまっているものは良くありません。

ベストなバッグの容量は半分くらい入ったものが好ましいです。

それより少ないと変形力は増しそうですが重量が足りないです。

それより多いと重量は足りますが、変形力が減ります。

もちろんプレイヤーの好みにもよるところは多いです。