フットバッグの種類について

ここではフットバッグの中身の種類についてご説明します。

メタルタイプ

9033611a16d6f5e79f3f

現在の世界のフットバッグ界で主流となっているメタルタイプ

中身に細かい鉄の粒を入れる事で少量で重量感を出せるので足に乗せた時に程よくバッグが潰れてくれる為、ストールもしやすく足離れも良いという事で主流になっています。

フットバッグに慣れ親しんだ方が使用している印象が強かったですが、最近では初心者の方にもオススメできるフットバッグが販売されています。

 

サンドタイプ

ftbvbb

1990年代から2000年代前半にかけてよく使用されていた中身の一つ。

主にこの画像の「DART BAG」と「Mr Sand Bag」が人気を博しました。

海の砂のような細かい砂を使用しています。

粒が細かいので重さは出せないですが、フットバッグがしっかりと潰れてくれるのでストールのしやすさに定評があります。

初心者の方に使いやすいフットバッグと言えます。

ただ、粒が細かい故にフットバッグによっては中身が漏れてしまう事もあります。

比較的安価に手に入るのもこのフットバッグの特徴です。

 

ペレットタイプ

51mjrm3nwl-2

ペレットとは白色系のプラスチックの粒の事で、この素材を中身に入れた物がペレットタイプです。

まず初めにこのタイプのフットバッグはフリースタイルフットバッグにはあまり適していません。

技術向上の為にあえて使用する方はいます。

粒が少し大粒なのに加え、プラスチックなので容量を詰めても重さが出せずにバッグがあまり変形してくれません。

よって、ストールが非常にしづらいフットバッグの中身の素材です。

逆に言えばキックには適しているので複数人で輪になって蹴ったり、ツースクエアには適しています。

 

使用すべきでないバッグとは

bzfidllccaej4hk

残念ながら現在日本では使用すべきでないフットバッグというのも存在しています。

まずは中身がペレットタイプの物でバッグの容量一杯に詰まってしまっている物です。

これによりバッグがほぼ変形してくれないのでコロコロと転がってしまい、ストールが非常に困難となってしまいますので絶対にやめましょう。

また外の生地に関しては塩化ビニルのようなツルッとした素材が使用されているのは良くないです。

せっかく足に乗っても滑って落としてしまったりします。

大体使用すべきでないフットバッグは中身がペレットでパンパンに詰まっていて生地が塩化ビニールのパターンが多いので気をつけましょう。

フットバッグを手に入れたい方はこちらからどうぞ!

プロフットバッグプレイヤー 石田太志が長年の経験で培った「使いやすいフットバッグ」と「初心者の方も気軽に始められる」をコンセプトに生産している「フットバッグTAISHI ISHIDAモデル」等を展開しています。

また国内の他では手に入らない海外モデルも厳選して展開しています。

ぜひフットバッグ専門ショップFOOTBAG MANIAにもお立ち寄りください!